株式の相続税評価の算定方法:清算中の会社

相続をするときに、株式の評価をするのはかなり面倒です。上場企業であれば、相続が発生したときの株価で簡単に評価することができますが、非上場の会社の場合には、相続発生時に清算した場合の資産価値で評価したり、上場している同業種の会社の株価を参考にして算出します。
一般的に、分配を行わずに長期間清算中のままになっているような会社の場合には、上記の算定方法の中で純資産価額によって算出する方法を選びます。こまめに清算手続きを続けている会社の場合には、その手続きが終了したときに分配を受ける見込み金額の課税時期から、分配を受ける見込みの日までの期間について複利現価の額で評価されるようになっています。しかし、分配を行わず、長期間放置されている会社の場合には、いつ分配を受けられるかがわかりませんし、いくら分配が見込めるかということも客観的な判断が困難になります。そのため、このような場合には、相続税評価額によって算出した1株あたりの純資産価額で当該の株式の評価をすることになります。判断が複雑ですので、こういったものがある場合には税理士などの相続税の専門家に手続きを依頼したほうがよいでしょう。複雑な評価も代行してもらえます。

Comments are closed.