Author Archive

騒音トラブルに巻き込まれたらまずやるべきこと

騒音で困っている場合は、環境庁のホームページなどで、環境基準についてを理解することが必要です。またマンションなどでは管理会社に相談することで解決していくことがあります。管理の会社からの注意が施され、それでも直らない場合は、環境庁の基準で騒音の度合いを調べることが必要になります。
管理の会社でも難しい場合は、法律事務所等の法律関係の事務所に相談をすることで、法的な手段で解決していくことが出来ます。その場合は、費用もかかることになりますので、相談や解決に要する費用を調べてから相談をすることが必要です。
法律の専門家の手助けを借りなくてはならないほどの困った騒音となった場合は、裁判等にまで進む可能性がありますので、それなりの心の準備をしておくことが必要です。一般の人達にはわかりにくい法律が存在していますので、専門家の知識と判断力が必要になります。こういった人達は、個人情報には厳正に取り扱うことになっていますので、安心をして依頼することが出来ます。
精神的、身体的に苦痛の日々を長くしないためにも、騒音トラブルに巻き込まれたら、専門家に相談をすることが大切です。毎日の生活に著しく支障が出る場合は、早めに相談をすることです。

株式の相続税評価の算定方法:清算中の会社

相続をするときに、株式の評価をするのはかなり面倒です。上場企業であれば、相続が発生したときの株価で簡単に評価することができますが、非上場の会社の場合には、相続発生時に清算した場合の資産価値で評価したり、上場している同業種の会社の株価を参考にして算出します。
一般的に、分配を行わずに長期間清算中のままになっているような会社の場合には、上記の算定方法の中で純資産価額によって算出する方法を選びます。こまめに清算手続きを続けている会社の場合には、その手続きが終了したときに分配を受ける見込み金額の課税時期から、分配を受ける見込みの日までの期間について複利現価の額で評価されるようになっています。しかし、分配を行わず、長期間放置されている会社の場合には、いつ分配を受けられるかがわかりませんし、いくら分配が見込めるかということも客観的な判断が困難になります。そのため、このような場合には、相続税評価額によって算出した1株あたりの純資産価額で当該の株式の評価をすることになります。判断が複雑ですので、こういったものがある場合には税理士などの相続税の専門家に手続きを依頼したほうがよいでしょう。複雑な評価も代行してもらえます。

株式の相続税評価の算定方法:開業前または休業中の会社

相続税の申告のために、相続によって取得した株式を評価しようとする場合、それがすでに株式市場に上場している会社の株式であれば、客観的な評価がしやすいのですが、取引相場のない株式というものも中には存在します。
このような場合、税法上は「原則的評価方式」と呼ばれるものが定められています。すなわち、対象となる株式を発行した会社を、従業員数、総資産価額、売上高という3つの要素によって、「大会社」、「中会社」、「小会社」のいずれかに区分した上で、「大会社」は原則として「類似業種比準方式」により、「小会社」は原則として「純資産価額方式」により、「中会社」は2つの評価方法の併用により、それぞれ評価しようというものです。
ただし、この「原則的評価方式」にはなじまない会社というのもさらに存在しています。それは、課税時期となる被相続人の死亡した時点において、会社の目的である事業を開始する以前の「開業前の会社」である場合や、課税時期において相当長期間にわたって休業状態の「休業中の会社」である場合が該当します。
このような場合の税法上の取扱いですが、利益も配当もない以上、「類似業種比準方式」は適用できないことから、「純資産価額方式」によることが原則となります。

株式の相続税評価の算定方法:比準要素数1の会社

相続税の申告において、非上場株式などの取引相場のない株式の評価をしようとする場合には、対象となる会社の規模に応じて、大会社・中会社・小会社という3つの区分のいずれかにあてはめた上で、「原則的評価方式」と呼ばれる方式によって評価することになります。例えば、大会社として区分された場合には、規模や業種が類似した企業の株式を基準として評価を行う「類似業種比準方式」が用いられることになります。
ところが、なかには原則で評価することが適切とはいえない場合も存在します。そのひとつが、国税庁の通達のなかで「比準要素数1の会社」と呼ばれている会社の株式です。さきに掲げた「類似業種比準方式」の評価に用いられる1株あたりの配当金額、利益金額、純資産価額の3つの要素のなかで、いずれか2つの要素の金額が0であって、かつ、直前々期末を基準にしてそれぞれの金額を計算した場合に、いずれか2つ以上の要素の金額が0である会社のことをいいます。
このような場合には、「類似業種比準方式」では適切な評価ができないことは明らかですので、特別に「純資産価額方式」によって評価することとなります。これは、対象となる会社が被相続人の死亡した時期に清算したと仮定した場合に、株主に分配される正味財産の価値をもって、株式の評価としようとするものです。ただし、納税義務者の選択により、この方法以外の例外的な方法を用いることも可能です。

株式の相続税評価の算定方法:土地保有特定会社

相続税の申告などにあたり、非上場株式の評価を行う場合の原則的な方法のひとつとして、「類似業種比準方式」と呼ばれるものがあります。
この方式は、事業内容が類似している上場企業の株価をもとにして、評価しようとする会社の1株あたりの配当金額、利益金額、純資産価額を照らしあわせて妥当な株価を算定しようとするものです。
しかしながら、資産の大部分が土地であるような会社について、非上場株式をこの「類似業種比準方式」で行うことは、あまり合理的とはいえず、かえって評価をゆがめてしまうおそれがあります。
こうした会社のことを「土地保有特定会社」と呼び、土地等の価額が総資産価額に占める割合が、会社規模に応じて一定以上である会社が該当します。
会社規模の判定基準は、従業員数が100人以上の会社は「大会社」とし、100人未満の会社は、「取引金額基準」と「従業員数を加味した総資産基準」で見たときの規模が大きいほうをもって判定することになります。
肝心の割合についての判定基準ですが、会社規模が「大会社」の場合には、土地等の価額が純資産価額に占める割合が70%以上、「中会社」の場合には、同じ割合が90%以上、「小会社」の場合には、総資産価額が大会社の基準となるか、中会社の基準となるかに応じて、それぞれ上記の基準に準じた割合以上となっています。
このような特殊な場合についての株式の評価方法ですが、より資産価値を正しく反映できると考えられる「純資産価額方式」により評価することが原則となります。
ただし、株式を取得した人が、同族株主以外である場合については、「配当還元方式」と呼ばれる別の方法で評価することも可能です。

非上場株式の相続税評価について

相続税の評価をするときに、現金や預貯金以外の流動的に価値が変化する資産については様々な方法で評価を行います。流動的資産としてよく遺産に挙げられる株式の場合、上場株式であれば簡単に金額が判明しますので価値を算定しやすいですが、非上場株式の場合にはその価値を証明することができないため、所定の方法で相続税評価を行います。
非上場の株式の場合の評価の方法はいくつかありますが、基本的には相続が発生した時点で会社が生産した場合の資産価値から算定する方法と、上場している同類の業種の会社の株式の価値を参考にして算定する方法が主流となってます。また、これらの計算方法を併用して行う場合もあり、それぞれに株主や会社の規模などによって利用できる算定方法は異なっています。
この算定方法の選び方や、遺産の価値の証明方法などによって、相続税の金額はかなりの開きを見せることがあります。そのため、このような複雑な計算が必要になる相続の場合には、税理士や公認会計士といった専門家に相談して、手続きを代行してもらった方が安心です。株式の計算だけでなく、不動産鑑定士や骨董品の鑑定士なども紹介してもらえますので、価値算定が非常に楽です。

地上権に準ずる権利として評価できない賃借権

借地権とは、建物の所有をその目的として設定した地上権や、他人の土地を使用収益するための賃借権のことをいい、借地借家法に規定があるほか、相続税や贈与税の課税対象にもなっている権利です。この借地権には、通常の借地権のほかにもいくつかの種類がありますが、特に異質なものとして、一時使用目的の借地権があります。
通常の借地権を評価するにあたっては、更地の課税評価額に借地権割合を乗じてその価額を求めます。ここでいう「更地」は、他人の権利の目的とはなっていないとした場合の土地のことをいいます。また、「借地権割合」は、土地を取り巻く事情が似ている地域ごとに設定された割合のことで、毎年更新される路線価図や評価倍率表に表示されているものを指しています。
一時使用のための借地権の価額は、通常の借地権と同様の方法では不当に評価することとなってしまいますので、国税庁の通達では、雑種地の賃借権の評価方法にならって評価するように定めています。
そのなかでも、堅固な構築物を設置する場合のように、地上権に準ずる権利として評価するのが適当な賃借権と、それ以外の賃借権とに分かれますが、後者の場合については、雑種地の自用地としての価額に、残存期間に応じた法定地上権割合を乗じ、さらにその2分の1をもって評価します。

地上権に準ずる権利として評価できる賃借権

土地の賃借権などの借地権は、それ自体が経済的な価値をもつため、相続税や贈与税の課税の対象となっており、その評価方法についても国税庁の「財産評価基本通達」などによって定められています。
借地権にも普通借地権のほかさまざまなバリエーションがみられますが、普通借地権であれば、更地の課税評価額に対して借地権割合を乗じたものをもってその価額とします。
ところが、建設現場やパビリオン会場などとして利用するための一時使用のための借地権については、存続期間や契約の更新・変更などについて、借地借家法の適用を受けず、期間満了とともに消滅してしまうことから、普通借地権に比べると著しくその権利が弱く、普通借地権と同様の評価方法は適切でないと考えられます。そこで、こうした借地権の評価については、雑種地の賃借権の評価方法に準じて評価することとされています。
そのなかでも地上権に準ずる権利として評価できる賃借権と、そうでないものが存在します。前者は例えば土地を一時的に賃借して鋼鉄製のガレージを設置し、車庫として利用する場合などが典型的ですが、このような場合については、雑種地の自用地としての価額に、残存期間に応じた法定地上権割合か借地権割合のいずれか低い割合のほうを乗じて得た価額をもって評価とします。

具体的な計算方法

 

複利年金現価率というのは、一定の金銭に対して、定期的に積み立てをして、一定の利回りで複利運用することが終了した場合の総額の現在価値を求める率のことです。この率を必要とするものには定期借地権の評価などがあります。
定期借地権等の価額は、原則として、相続や贈与が発生したときなどの課税時期において、借地人に帰属する経済的利益と、借地の存続期間を基として評定した価額によって評価します。ただし、定期借地権等を設定した時と課税時期の間に、借地人の経済的利益に変化がない場合のように、相続税や贈与税の課税上、弊害がない場合に限っては、その定期借地権等の目的となっている宅地が自用地としての価額に、(定期借地権設定時の経済的利益の総額×課税時期における定期借地権等の残存期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率)÷(設定時の通常の取引価格×設定期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率)を乗じて計算することができます。算定が面倒ですし間違いも多いため、実際にこのような不動産の相続や贈与があり、評価が必要になったという時には、自分で算定するのではなく、税理士や公認会計士などの専門家に評価してもらった方が安心です。